解約した投信の代金が直接支払いに使える楽天銀行


いぬデックスです。

銀行で投信を買っている場合は別ですが、大抵の場合、銀行の口座と証券会社の口座は別物になっていて、株式を売買するための代金や配当金は証券会社の口座の方に入ってきます。

投資と普段使いのお金を明確に分けるという点ではこの方がいいかもしれませんが、いちいち出金の手続きをしないと実際に使えるお金として手元にこないというのは面倒に感じます。

証券会社と銀行口座の連携といっても…

大手の証券会社ですと、特定の銀行との連携があって入出金の手間が軽減されていたりしますが、たとえばSBI証券ですと住信SBIネット銀行のハイブリッド預金という特別な口座との連携となっていて、結局普通預金からハイブリッド預金への振り替えは自分でやらないといけません。

これは単に低金利のために従来証券会社が利用していたMRFという資金の置き場所を放棄したために、預金で代用しようとしたものと思われますので、そこまで便利というわけでもありませんし、MRFは投資信託でしたから全額分別管理だったものが、その他の預金と合わせて1000万円までのペイオフにダウングレードしています。

楽天銀行と楽天証券のタッグは強力

この手の連携の後発として登場した楽天銀行は、普通口座と証券会社がガッチリ連携していて自動振り替えしてくれます。例えば株式の買い注文を出すと必要な金額が自動的に楽天銀行から証券へと移動します。

配当金など入金があると、翌日には自動的に普通預金に振り替えられてすぐ他の支払いやATMでの出金が可能になっています。

ここまで密接に連携した例を僕は他に知りません。(あったらすみません)

シームレスな資産運用には必須では

「生活に必要な分だけのキャッシュを持ち他は投資信託で運用する」というのが究極のシンプル資産運用術ではないかと思いますが、これを実現するにあたって、シームレスな口座連携は助けになると思います。

実際、ぼくも株を保有だけしてすっかり忘れていた頃がありましたが、ただひたすら証券会社の口座に配当金が積み上がりブラブラ遊んでいる状態になっていました。

これは老後にも同じことが起きるのではないかと思っています。もしかしたらお父上の遺産相続の際にそのような状態の口座が判明するかもしれませんよ?

ぼくはとにかく「自動的に」という言葉が好きですが、解約も手動、出勤も手動よりも、まるで年金のように時期が来たら勝手に普通口座に入金される方が良いのではないでしょうか。

もしかしたら将来的に、証券会社の口座に決済機能がつくかもしれませんが、まだ実現していないことを夢見るのはほどほどにした方がいいでしょう。

楽天証券に投信の定期自動解約サービスが欲しい

ここまでくると、楽天証券に投資信託の定期解約サービスがないのが実に惜しいと思えてきます。

このサービスを用意しているは今のところSBI証券しか知りませんが、同様のサービスを導入してしまえば、もう楽天証券一本で老後まで安泰ということになると思います。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

0 件のコメント :

コメントを投稿