毎月現金が増えている? iDeCoの年単位拠出の罠


いぬデックスです。

前回の記事は本当にひどかったですね。気の緩みが記事ににじみ出ていまいた。もちろんしっかり反省しています。自分の手の届く範囲で贅沢していきたいですね。

ところで話は変わります。

ここ数ヶ月、なんかお金(現金)が増えてきてるんです。何もしなくてもお金が貯まる体質になってきたのかとホクホクしておりましたが、どうも違います。収入と支出が変わってないのに勝手に貯まるわけない。

そこで思い出したんですが、iDeCoを毎月拠出から、年単位で2回の拠出に変更したために、拠出月以外では引き落としがないので毎月2万3千円ずつ溜まってるというわけなのでした。

これに思い至らなければ思わず無駄遣いしてしまうところでした。無駄遣いといっても株を買ったりするわけですけども、資産が増えてもお金が減っていることには変わりないわけで、生活はその分苦しくなりますから、迂闊なことをしないで良かったなと思いました。

手数料節約のつもりが…

もともと年単位の拠出に切り替えた理由が、「手数料がもったいないから」というものでした。拠出しない月には手数料は最低限しかかからないからです。

しかし先ほどの話の通り、拠出しない間は現金が増えていくので、ぼくのように知恵が足りない人ですと謎の安心感によって気が大きくなって贅沢したくなるという問題も起きることがわかりました。

そういう意味では、毎月拠出とすることで、収支を月単位で考えることができるというのは給与所得者としてはペースがつかめて良い感じですね。手数料をあえて受け入れることで、手数料以上のものを手に入れることができると言えるかもしれません。

これを踏まえて、これからも年単位拠出で手数料を節約するのを継続するならば、

  • iDeCoを引き落とすための銀行口座を作って、マネーフォワードから切り離す(資産として計上しない)
  • 引き落とし専用口座に毎月2万3千円振り込むことで、マネーフォワードに支出として記録

というような小技を使っていくと良いかもしれません。

この技は他にも、1年に1回や数年に1回ペースの支出、たとえば賃貸住宅の更新料や保険代、車検代などの積立金にも使えるはずですが、そうすると実際の引き落としの時に記録されないという問題があり、善し悪しといったところです。

iDeCoの年単位拠出の注意点

それはそれとして、年単位拠出には誕生月という罠がありまして、現行のルールでは満60歳になる前の月までしか拠出ができないことになっていますが、例えば12月にまとめて1回で拠出する予定にしていますと、1〜10月生まれの人は最後の一年間、一度も拠出しないままになってしまいます。

そこで手数料の節約と無駄のない拠出を考慮に入れたベストの拠出方法は、

  • 誕生月の直前に一度拠出、残りの分を12月に拠出の年2回

ということになります。

ところがぼくのように早生まれですと、1回目の拠出が極端に少額に少ないので2回といってもバランスはあまりよくありません。これが気持ち悪いという人は年単位の拠出自体を諦めるか、丁度良いと感じる程度まで拠出の回数を増やすと良いと思います。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

0 件のコメント :

コメントを投稿