だれもが「投資家」になるわけじゃない

いぬデックスです

みとべさんのこんな記事が目に入りました。

【アセアロ変更】新興国株式のオーバーウェイトから時価総額の全世界株式へチェンジ! - みとべのできるかな

この記事の中で重要なのは新興国がどうとか、時価総額がどうとかいう話では無くて、「めんどくさい」ということなんだと思います😁

面倒くさがりという点では投資家の風上にも置けない、自分にとっても共感できる話です。なぜか投資となると当てもんをするように、自分だけ得をするような方法を考えたりしてしまいがちですが、老後の資産作りという点から考えればそういった選択が結果に大きく左右されるようなことは避けるべきでしょう。

投資先の企業は選ばないけれど指数・国籍は予想するというのも、せっかく抜け出した罠にもう一度かかっているとしか思えないわけで。ほどほどに分散されていればなんでもいいあとは自動でやってくれという結論に落ち着く人が出るのも当然の話だと思います。

ぼくも色々好みはあるものの、最終的には老後の資産作りに関しては他人に丸投げの形に落ちつきました。

投資家マインドがなくても投資はできる

ところでインデックス投資なんて投資家じゃなくてもできる貯蓄のようなものですから、そもそもそんな未来予想図なんて必要ないんですよね。むしろ投資家マインドがない人にこそやってほしい、比較的安全な手法なんですから。

投資家マインドというのは定義が特にありませんが、資本を投じて利益を得ようという意志があることというようなつもりで使いました。ギャンブル的な考え方とは違うと考えています。

インデックス投資にたどり着くルートとしては主に三つあると思っていまして、

  1. 他の投資法から逃げてきた人
  2. そもそも投資にあまり興味がない人
  3. 理詰めでインデックスが良いと考えた人

このうち3はいわゆる「オタク」ですからほっとくとして、1の人は投資家マインドがありますね。ただ銘柄を選ぶことには疲れたとか、自分の財力では無理と考えた人なんかもいると思われます。ヘタな投資でお金を失うよりは随分ましですから、身のほどを知ったということかもしれません。

ところで最近さかんにアプローチを受けているのが、2の「投資にあまり興味がない人」なわけですが、銀行への預金が投資という感覚のないまま、銀行による投資に使われているのと同じく、自分の投じたお金がどう使われるかは特に知らないまま、なんとなく「価格が変動するけれど預金より増える可能性のあるツール」として資産作りに利用している人が多いのではないでしょうか。

もちろんこの中から、真の投資家へと成長を遂げる人もいるとは思いますが、大半の人はそこまでは到達しないんじゃないかと思っています。でも、どういう意識であろうとインデックスファンドに投じたお金は同じように活用されることになるわけです。

ここは重要なところで、よくアクティブvsインデックスなんて対立構図で語られたりもしますが、お金を儲ける装置として考えるからそういうつまらない結論が出てしまうわけで、そういう人にとってはお金がどう使われるかなんてどうでもいいことなんでしょう。

だからそういう人たちに投資家としての考え方を要求しても仕方ないといいますか、たぶんブロガーとか、インデックス投資の入門書で資本主義の話を持ってくるような人が相手にしたいのはもう少し高い位置にいる人だと思いますが、世の中にはもっと意識の低い人がたくさんいて、それでも世の中回って行くものなんですよね。

よく考えたらインデックスオタクのブロガーも、お金儲けの装置としか考えてないような気がしますね。自分で書いておきながら、投資家マインドとはなんなのかよくわからなくなってしまいました。それを批判したいわけではなくて、そういう意思を持たないお金であっても特に関係ないということが言いたかったんです。

投資家でなくとも、資産の運用に投資を利用することはできますから、あまり気にせずやっていけばいいと思いますよ。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

0 件のコメント :

コメントを投稿