貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

*投資と資産形成

SBIネオモバイル証券はETFの少額積み立てには向いているかも

いぬデックスです。 Tポイントで株式が買えるサービス、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)が登場しましたね。 僕としては特に使う理由もないのでスルーするつもりです。 それだけではなんですから、このサービスをうまく使う方法を考えてみました。 単元未満…

老後の資金を作るということ、基礎の基礎

いぬデックスです。 当ブログでは主に、自助努力によって退職金(あるいは年金)を作るという行為について情報発信しています。(最近失速気味ですが) もともと投資がしてみたくて始めたブログなので、なんとなく投資の話が多くなってしまいますが、常日頃…

確定拠出年金ではターゲットイヤー型投信が主流になって欲しい

資産形成家のいぬデックスです。 個人の退職後のための運用方法はいくつかありますが、NISA/つみたてNISAと比べると、確定拠出年金(企業型DC/iDeCo)は特に、退職金の運用口座としての性格が強いものとなっています。 米国には401(k)というのがありまして…

iDeCoを年単位拠出に切り替えますが、60歳になる直前に元に戻します。

資産形成家のいぬデックスです。 今までiDeCoは毎月拠出にしていましたが、手数料がもったいなく感じてきたので年単位拠出に切り替えることにしました。 「年単位拠出」とか言われるとよくわかりませんが、毎月2.3万×12=27.6万円を、一定のルールに従っても…

ETFなら楽天証券で決まり

資産形成家のいぬデックスです。 楽天証券がiシェアーズ、MAXISシリーズに続き、野村AMのNEXT FUNDSシリーズのETFも取引手数料を無料にするというニュースを知りました。 NEXT FUNDSシリーズについてはSBI証券が先駆けて「取引手数料を全額キャッシュバック…

バイ・アンド・ホールドってそんなに大変だろうか?

資産形成家のいぬデックスです。 こちらは青井ノボルさんの記事ですが、そこまで大袈裟な話かなぁ・・・と思ったので、失礼ながら記事にしようと思います。 個人的には、バイ&ホールドほど簡単なものもそうそうないと思います。ほっとけばいいんですから。 …

アメリカ人の金融リテラシーはそんなに高くないな

資産形成家のいぬデックスです。 Twitterにてこのようなものを見て興味を持ちました。 これ興味深い。American 1000人に対するアンケート調査で、各世代が1万ドルをどう投資するかを示すそうです。株式より不動産が人気だね。あと教育が(自分でも子供でも)投…

頻出テーマ:アセット・アロケーションとポートフォリオ(2)

資産形成家のいぬデックスです。 前回の続きです。 続きといっても今回は単に円グラフを並べるだけですけど・・・ 読者はどういう基準の配分を知りたがっているのか ブログで資産やポートフォリオを公開している人は数多あれど、生活防衛資金は非公開だった…

頻出テーマ:アセット・アロケーションとポートフォリオ(1)

資産形成家のいぬデックスです。 アセット・アロケーションとポートフォリオの定義の話はよく見かけます。 このあたり統一された定義はないような気もしています。金融機関にお勤めの方にはもしかしたら間違いのない定義があるのかもしれませんけど。 一般的…

投資に興味を持ったら、まずはお金の常識を知ろう

資産形成家のいぬデックスです。 お金が欲しい! 投資をしよう! と思い立ったら投資の本を読む前に、まずはお金の常識(マネーリテラシー)について書かれた本を一冊、読むことをお勧めします。 こちらの記事に触発されました。 記事の中でNigithWalkerさん…

「ドル建て資産を持て」に関する素朴な疑問

資産形成家のいぬデックスです。 日本はもうダメで、米国はこれからも成長し続けるのだから日本人もドル建て資産を持つことが最大のヘッジとなるというような話はよく出てきます。 この考え方自体には特に反論はないのですが、ドル建て資産って一体なんだろ…

SBI証券のiDeCoプラン移行、移管金のスケジュールがわかりました

資産形成家のいぬデックスです。 最速の人とは1ヶ月遅れでSBI証券のiDeCoのプラン変更の届けを提出したのですが、少し進展がありました。 こちらは前回の記事です。 最速で申し込んだ人の情報がすでに存在しているとは思いますが、せっかくなので報告します…

「学資投資」は日本人にはまだ早いかも

資産形成家のいぬデックスです。 三菱UFJ国際投信(MUKAM)がmattocoなる投資信託の直販サービスを立ち上げました。 mattoco(マットコ) | 三菱UFJ国際投信 詳しくは他のブログなどでも紹介されていますし、僕は詳しくないのでここでは省きます。下の画像は…

配当金(分配金)を別のことに使ったっていいじゃないか

資産形成家のいぬデックスです。 株式投資のリターンはキャピタルとインカムという、違う要素の組み合わせによって構成されています。(優待は無視) 最近のインデックスファンドの主流となっている、「分配しない方針」の投資信託は再投資後のトータルリタ…

ロボアドバイザーを勧められない根本的な理由

ロボアドバイザーなるものが出てきてからしばらく経ちます。米国では10年ほど前に登場して以来、急速に運用額を増やしてきているようですね。 さて、日本ではどうかと言いますとどこが最初だったか忘れましたが、自動運用に関してはたぶんエイト証券かTHEOか…

自転車の変速機と、インデックス投資の話

資産形成家のいぬデックスです。 前職は自転車に関わる仕事をしておりました。(現在は全く違う仕事をしています) で、いろいろ経験したわけなんですが、実は変速機をちゃんと使えている人ってほとんどいないんですよ。 チェーンを掛け替えるタイプのいわゆ…

お金は思ってるほど働いてくれないよ

資産形成家のいぬデックスです。 資産運用を勧める話でよく使われるフレーズに「お金を働かせる」「お金に働いてもらう」というものがあります。 ぶっちゃけ、めちゃくちゃ胡散臭いですよね 笑 擬人化してみたものの、かえって怪しい感じになってしまってい…

分配しない方針の投資信託はつみたてNISAで真価を発揮する

資産形成家のいぬデックスです。 配当に対する課税の繰り延べによって発生するリターンの複利なんて大したことない、という記事です。 要するに課税を繰り延べても、現金化するとき譲渡益にまとめて課税されるので思っているほどの差は出ないよということで…

ここだけの話、正直にいうとこういうポートフォリオにしたい

資産形成家のいぬデックスです。 僕は今つみたてNISAではSlim3地域均等、iDeCoではニッセイ外国株式を積み立てています。 でもべつにそれが最適と思っているわけではなくて、やはり妥協の結果です。 どうせ結果はそんなに変わらないので、深く考えてはいけ…

資産運用を始める前に100万円貯めてみよう

資産形成家のいぬデックスです。 これは自分のように貧乏人からの脱出をしようとしている人へ向けて書いています。 何かのきっかけがあって資産形成の必要性に気づくと、すぐにでも投資を始めたくなるものですが、あまり慌てない方が良いと思います。 僕もそ…

楽天証券で月1000円の積み立て投資を設定しました。

資産形成家のいぬデックスです。 僕がつみたてNISAで使っているのはSBI証券ですが、今回は楽天証券でも積み立てを利用することにしました。 こんなことができるのも、つみたてNISAとiDeCoを満額拠出できるようになったおかげです。 それ以上に余ったお金は特…

宇宙人視点で地球に投資

資産形成家のいぬデックスです。鼻と目がたいへんなことになってます。 インデックスファンドやETFのおかげで、英語のわからない人でも簡単に海外投資が可能になりました。ありがたいことです。 さて国内で用意されている商品を見ますと、だいたい日本と外国…

貧乏人の病気、収入コンプレックス

資産形成家のいぬデックスです。 おかげさまで、今年からは非課税で運用できる枠は全て使い切れるだけの余裕を得ることができております。 資産を効率よく膨らますには、税金のかからない(もしくは繰り延べできる)お得な方法を使うのが一番です。 まだ、複…

他人の設定・解約の影響を受けたくないなら断然ETF

資産形成家のいぬデックスです。 投資信託は基本的に、受益者(保有者)全員で按分して費用を負担することになっています。 株式などを購入する費用も、売却する費用も按分です。 一度買ったきりでただ持っているだけでも、新たに購入される分の手数料は負担…

資産形成のシミュレーションで、見るべきなのは弓の形!?

資産形成家のいぬデックスです。 以前から繰り返し述べていますように、資産形成の目的は引退後の資金の確保です。 リスクを受け入れなければ、リターンも得られないということで、このバランスが重要と言われています。 こと引退後の収入源となりますと、伸…

逆算的な資産運用はつまらないが自分には合っている

資産形成家のいぬデックスです。 過去に、逆算的な資産運用はつまらないという記事を書きました。 逆算的とは、投資からの利益を受け取らず資産の増大に専念し、計画的に残した余剰金で生活したり遊んだりする、というような意味です。 ですが、別腹投資とか…

超簡単、シンプルな資産取り崩しのための管理方法

資産形成家のいぬデックスです。 ファイナンシャル・プランニングのセオリーとしては、現役中は収入から少しずつ積み立てて資産形成を行い、引退後はこれを取り崩していくというのが基本的なパターンかと思います。 そして取り崩しの方法についてはいくつか…

ETFの良いところと微妙なところを三つずつ挙げる

資産形成家のいぬデックスです。 以前、ETFは資産形成には不向きなので投資信託だけを使っていますという記事を書きました。 あれからしれっとETFを買ったりしていますが、まあそれは置いておくとして・・・f^_^;) 実際、資産形成のみを目的とした場合、いま…

引退後の収入額は自分で決める

資産形成家のいぬデックスです。 勤め人あるいは自営業の方は、手取りの収入を自分で決めることは、(基本的には)できません。 売り上げ次第だったり、会社によって給与が決められていたり。中には交渉して双方合意のもとに契約する人もいますが・・・まあ…

その出費、積み立て投資よりも価値があるだろうか?

資産形成家のいぬデックスです。 貧乏から抜け出すにも、つみたて投資は有効です。もちろん、一発当てるという意味ではありません。 それは効率の良い資産形成法というだけでなく、投資家的視点を得ることができるからです。出費に見合った価値を得ることが…