貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

ETF

ETFなら楽天証券で決まり

資産形成家のいぬデックスです。 楽天証券がiシェアーズ、MAXISシリーズに続き、野村AMのNEXT FUNDSシリーズのETFも取引手数料を無料にするというニュースを知りました。 NEXT FUNDSシリーズについてはSBI証券が先駆けて「取引手数料を全額キャッシュバック…

他人の設定・解約の影響を受けたくないなら断然ETF

資産形成家のいぬデックスです。 投資信託は基本的に、受益者(保有者)全員で按分して費用を負担することになっています。 株式などを購入する費用も、売却する費用も按分です。 一度買ったきりでただ持っているだけでも、新たに購入される分の手数料は負担…

ETFの良いところと微妙なところを三つずつ挙げる

資産形成家のいぬデックスです。 以前、ETFは資産形成には不向きなので投資信託だけを使っていますという記事を書きました。 あれからしれっとETFを買ったりしていますが、まあそれは置いておくとして・・・f^_^;) 実際、資産形成のみを目的とした場合、いま…

楽天証券で買うならどのETF?

資産形成家のいぬデックスです。 先日の記事にて、ETFで別腹投資をやってみると宣言しました。 来年の方針をざっくり宣言 - 貧乏人でも投資がしたい 今思えば、やらなくてもいいのでは? という気もしなくもありませんが、せっかくなので購入銘柄の検討をし…

出来高ゼロのETFでも流動性があるの? あるんです。

資産形成家のいぬデックスです。 ETFは今のところ資産形成には最適とは言えませんが、ETFならではの利点もあり利用価値はあると思います。 特に個人向けとしてはややニッチな指数では、伝統的な投資信託よりもかなり低コストで、少額から機関投資家のおこぼ…

やっぱり貧乏人には投資信託が最適

※ 試験的に記事冒頭に画像を挿入しております ※ インデックスファンドを使った資産形成のやり方にもは人それぞれありますが、それでも最適な方法というのが存在する場合もあります。 特に収入がそれほど多くない、僕のような貧乏人にはそもそもできることが…

本場アメリカで、ETFの利点はどう言われているか知っていますか?

おなじみのVanguardの説明にはこう書いてあります。 初期投資金額が低い アメリカではミューチュアルファンドに対して、ミニマムインベストメント、つまり最初に一定額を投入する必要があって、これが$1,000以上から、というのものが多いです。(それ以降は$…