貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

iDeCo

iDeCoの年単位拠出に関する小ネタ

いぬデックスです。今日まで出勤で、明日から連休入りです。 先日、iDeCoを年単位での拠出に変更したのですが、少し失敗したなというところやうっかり忘れていた点などがありました。 忘備録です。 拠出しない月の手数料 ネタ元はもことんさんの記事です。 S…

確定拠出年金ではターゲットイヤー型投信が主流になって欲しい

資産形成家のいぬデックスです。 個人の退職後のための運用方法はいくつかありますが、NISA/つみたてNISAと比べると、確定拠出年金(企業型DC/iDeCo)は特に、退職金の運用口座としての性格が強いものとなっています。 米国には401(k)というのがありまして…

SBI証券のiDeCoプラン移行、移管金のスケジュールがわかりました

資産形成家のいぬデックスです。 最速の人とは1ヶ月遅れでSBI証券のiDeCoのプラン変更の届けを提出したのですが、少し進展がありました。 こちらは前回の記事です。 最速で申し込んだ人の情報がすでに存在しているとは思いますが、せっかくなので報告します…

iDeCo(個人型確定拠出年金)もいずれ好きな商品が選べるようになるといい

資産形成犬のいぬデックスです。 少し前の話になりますが、先日の三菱UFJ国際投信×SBI証券のブロガーミーティングで、彼らは多様性、多様性と繰り返し主張していたそうです。 詳しくはこちらをどうぞ。 多様性と表現するのは何か違うと感じますが、それはと…

iDeCoは年金受給までの繋ぎと考えると

資産形成家、いぬデックスです。 またまた教えていただきました。引退後のiDeCoの扱い方についてです。 今の税制では、iDeCoの受け取りは一時金として受け取るのがもっとも有利ですが、これが年金形式でも不利にならないように改正されたらどうするだろうか…

期待はずれの三菱UFJブロガーミーティング、しかし収穫はあった

資産形成家のいぬデックスです。 先日の三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングは、SBI証券とのコラボで、同社のiDeCoについての釈明がメインのテーマだったようです。 各所で上がっているレポートによりますと、特に新しい情報もなく、従来からの主張を繰り…

含み損でiDeCoの移管(プラン変更)をしても問題なし

資産形成家のいぬデックスです。 面倒臭くてすっかり忘れていましたが、11月1日から、SBI証券のiDeCoプラン変更の受付が始まっています→こちら どちらかを廃止や売り止めではなく、並行してやっていくというのは異例です。いずれ旧プランであるオリジナルプ…

iDeCoを資産形成のメインに据えるのは危険。バランスが大事

資産形成家のいぬデックスです。先日、案外むずかしいiDeCoの出口という記事を書いたところ、年金に詳しい読者の方からアドバイスをいただきました。ありがとうございます。どれだけ確実に見込めるかにもよりますが、退職金はあらかじめアロケーションに組…

案外むずかしいiDeCoの出口

資産形成家のいぬデックスです。今のところ、2号加入者(会社員など)のiDeCoの拠出上限は年間27.6万円となっています。仮に20年間満額拠出し続けたとすると、元本だけで552万円になる計算です(手数料は控除せず)。そこそこの財産になりますね。他にも厚…

つみたてNISAに続きiDeCoも完全放置にしたくなってきた

先日、つみたてNISAでの購入商品を『eMAXIS slim 全世界株式(三地域均等)』(←長すぎ)に変更したと報告しました。 これに関しては本当に、途中で繰り上げ償還さえされなければ他はパーフェクトに近い選択だったと自画自賛しています。

iDeCoだけで投資をする人がいてもいい

iDeCoは今のところ、一度加入したら60歳になるまでは解約できないことになっています。 一度出稼ぎに出したお金は、それまでは家計とは一切、無関係なところに置かれることになります。 家計とは完全に分離されたところで運用できるというのは、気持ちの切り…