貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

iDeCoだけで投資をする人がいてもいい

iDeCoは今のところ、一度加入したら60歳になるまでは解約できないことになっています。
 
一度出稼ぎに出したお金は、それまでは家計とは一切、無関係なところに置かれることになります。
 
家計とは完全に分離されたところで運用できるというのは、気持ちの切り替えの意味でとても重要なことだと思います。
 
家計から分離されることで、一時的な損失から目をそらしやすくなりますし、利益確定という名の誘惑からも逃れることができ、真の目的である「長期的な購買力の獲得」を達成する助けになってくれます。 
 
月1万2千円や2万3千円という金額は少ないと感じる人もいるかもしれませんが、一般庶民が家計にダメージを与えずに出せる金額としてはなかなか絶妙なラインのようにも思えます。
 
イデコには月5千円でもいいから拠出をしましょう。そして、それ以外は「使うかもしれないお金」として、運用せずに預金で置いておいてもいいんです。
 
今すぐ実入りのある成果は得られないかもしれませんが、それは家計とは独立したところでいつか成果を出してくれるはずです。
 
持ち金が増えることだけが、投資ではないですよ。
将来的な資産が増えることが、投資なんです。