貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

キャピタル・ゲインに慣れてない日本人

「(株価・不動産の)値上がりの含み益なんてあぶく銭だから消えて無くなる」

 
という不信感はとても強いものがあると感じています。
 
正直に言って、僕もそういう疑念が湧いてくることは時々あります。
 
日本の株式は長い間、国債にも劣るリターンしか残してこなかったので、これは日本経済そのものに責任があります。
 
「手に入った配当金だけが本当のリターンである」という考えにも一理あります。
 
分配しないインデックスファンドは、その分配金の原資である配当金を内部留保して投資家の知らないうちに再投資し、全てのリターンをキャピタル・ゲインという形に変換しますので、トータルリターンがわかりやすいという反面、投資家の手元には一銭も渡らないことで、先ほど書いたような砂上の楼閣という不安を感じさせてしまう原因にもなっています。
 
キャピタル・ゲインに慣れていない日本人は、値上がりすると下がることを恐れてすぐ売ってしまいたくなる衝動に駆られやすいのではないでしょうか。
 
 

ETFで1年間運用して、分配金を再投資してみては

ということで、どうしても不安や不信感がぬぐいきれない人は、配当収入がしっかり分配金として払い出されるETFを使ってお試し運用してみてはいかがでしょうか。
 
ドルコスト平均法がどうとかは気にせず、毎月いくらか出せる範囲で買い付けます。
 
分配金が出るとそこで課税が発生するので確かに投資の効率は少し落ちてしまうのですが、お財布に入れてしまわずにそのまま再投資に回されるのならば、大きな差は生まれないので気にしなくてもいいでしょう。
 
ということで分配金はありがたく受けとってしまい、次に買い足す時の資金の一部として使いましょう。
 
こうすることで、分配金(配当)を再投資する仕組みについて体で理解できるようになると思います。
 
最初に買った時より値下がりしていたとすると、次に買い足す時には値下がりしていて口数が多く買えてお得なのもわかると思います。
 
インカムゲイン(配当金)がトータルリターンを底上げするイメージは、GPIF(公的年金の運用機関)の運用状況報告の動画でも見ることができますよ。
 
 
 
僕はその行為が面倒くさいので投資信託に丸投げですけど 笑
 
ぐうたら投資家の成れの果てです。
 
ぐうたらでも得られるリターンは全く同じというところが、インデックス投資のいいところです。