貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

つみたてNISAに続きiDeCoも完全放置にしたくなってきた

先日、つみたてNISAでの購入商品を『eMAXIS slim 全世界株式(三地域均等)』(←長すぎ)に変更したと報告しました。
 
これに関しては本当に、途中で繰り上げ償還さえされなければ他はパーフェクトに近い選択だったと自画自賛しています。
 
 
 
 
まず配分に悩むということがなくなりましたし、三つのアセットが一つの基準価額で表されるので、個別のアセットがどう動いたかなどはそれほど重要ではなく、常に均等を保ってくれているということだけは信用できるので、もはや何も気にする必要がないというところがとても素晴らしいです。
 
ということで、iDeCoの方もなんとか手抜きができないかと思い始めました。僕が使っているSBI証券のiDeCoにはそのような便利な商品は用意されていません。
 
まず実現したいことを箇条書きにしてみます。
 
  • 自力でのリバランスが不要であること
  • 先進国、新興国、日本の株式が十分に含まれていること
  • 運営管理費用が安いこと
 
まず最初に言っておきますが、これらを全て満たすのはiFree 8資産均等バランスしかありません。他の選択肢は、上記の三つのうちどれかを諦めないといけません。
 
一つを諦めると、たとえば先進国株式一本釣りであるとか(この場合、リバランスは「不要」というより「できない」が正しいですけど)、結局のところ放置せず三つ買うであるとか、コストが高くてもいいからターゲットイヤーにするだとかいうのもありになってきます。
 
そういえばeMAXIS 最適化バランスのマイストライカーはほぼ三地域均等型と言ってもよいような配分になっていますね、高すぎて買う気がしませんが・・・せめて、0.2%台にはしてもらわないと。
 
非常にケチくさいことを言うと、資産形成初期はできる限り株式に割り振って、引退が近づくにつれ徐々にその割合を減らしていくというのがパフォーマンス面での効率が良いということになるのですが、そう都合よく相場が正規分布的に動くとも限らず、その行動が裏目にでる場合もありますので、あるいは最初から比率固定のバランス型に任せてしまうのもありかもしれません。
 

案外、つみたてNISAもiDeCoも8資産均等にして、運用のことは気にせず面白おかしく暮らすのがいいかもしれませんね。

 
もう少し考えたほうがいいように思います。また考えが進んだら記事を書きます。とりあえず現状維持で積み立てていきますがリバランスに関しては先送りします。