貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

リスク資産部分だけを比較する愚行…大切なのはトータルバランス

180811yahoo.png 

これは『eMAXIS 先進国株式』と『eMAXIS バランス(8資産均等)』の五年リターンを比較したグラフです。

ブログの記事などでこういうグラフで、株式ファンドとバランスファンドを比較して「株式の方が効率が良い」「バランスファンドはリスクは低いがリターンも低い」「だから株式のみで良い」というような結論を出してしまっているのを見かけますよね。

でもこの比較はほとんどの場合無意味です。

なぜなら普通、リスク資産以外にも持っているはずの安全資産が含まれていないからです。

リスク/リターンの比較は運用資産のトータルで見ないと役に立ちません。このグラフのような比較で役に立つのは、非課税口座の限られた枠に配分するなら何が最も効率が良いかという検討くらいです。


比べるならキャッシュを含めたアセットアロケーション全体で

『月一万円をリスク資産に投入するとして、先進国株とバランスならどちらが良いか?』 というようなよくわからない前提条件のもとでの比較ならともかく、普通は安全資産(キャッシュなど)を含めた全体での金額がどのように変化するかというのが重要のはずです。

180811value.png 
こちらはアウターガイさんが提供されているアセットツールにて、先進国株60%、預金40%のアセットアロケーション(リバランスあり・なし)と、8資産均等バランス100%(ベンチマーク)の5年リターンで比較したグラフです。

どうでしょう、どちらもだいたい同じになっています。リターンはほぼ同じですが8資産均等バランスの方が変動が少なく見えますね。

リバランスありがリターン41.11%、リスク19.71%、リバランスなしがリターン45.38%、リスク21.98%、8資産均等はリターン42.22%、リスク19.17%となっており、リターンをリスクで割ったシャープレシオは8資産均等が最も高くなっています。

注意:これは指数の騰落データでありコストが考慮されていないので、実際のファンドの結果とは異なります。またこの手の検証は始点と終点の設定により結果が大きく変動しますのであくまでも一つのサンプルとしてこうなっただけということは理解しておいてください

この結果は逆に言えば、先進国株60%とキャッシュ40%で組み合わせるのとほぼ同様の結果を得るには、8資産均等バランスならキャッシュを持たずフル・インベストメントで良いことを示しています。

(キャッシュを持っておいた方が他の用途にも使えるとか、なんとなく安心とか、そういうのはとりあえず置いといての話ですよ。資産形成をインデックスファンドで行うとすれば、という前提)

このように、トータルの運用資産で比較してはじめて意味をなすもので、リスク資産の部分のみを比較すると間違った結論を導き出してしまいます。

生活防衛資金は含めなくてもOKですよ。絶対に運用しない命綱で、割合ではなく金額ベースで持っておくものだからです。


以上、バランスファンドと単一アセットを比較することの愚かさというテーマのお話でした。