貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

含み損でiDeCoの移管(プラン変更)をしても問題なし

b7ebda5bce96ede643f962237db6b8ee_s.jpg 
資産形成家のいぬデックスです。
 
面倒臭くてすっかり忘れていましたが、11月1日から、SBI証券のiDeCoプラン変更の受付が始まっています→こちら
 
どちらかを廃止や売り止めではなく、並行してやっていくというのは異例です。いずれ旧プランであるオリジナルプランの方もメンテナンスされて魅力的なラインナップへと生まれ変わってくれないものかと期待しています。
 
さて、iDeCoではプラン変更や金融機関の移管には、一旦全ての商品を売却して現金化してから移ることになっています。
今年は結構派手に下落しましたので、加入したタイミングによっては含み損状態になっているものの損失が確定してしまう、と考えているらしい方がいらっしゃるようでしたので、そんなことはないよという話です。
 
 

====

損失が確定すると何がまずいのか

なんとなく現金化されると聞くと損益が確定するようなイメージがありますが、それ以外にも損益が確定してまずいのは課税というイベントの存在によるものです。
 
通常の口座であれば、利益が確定するとその時点で課税が発生してしまいます。あるいは損失が確定するとその場での課税はありませんが、そのまま二度と再エントリーしないとか、別のものを買うとすると単純にお金が減って損ですし、仮に同じものを買い直したとしても取得価額が下がっているので、将来的に売るときの課税額が大きくなります。
 
例)
5万円で投信購入 → 3万円に下がった → 売却すると3万円が戻ってくる(=2万円の損が確定)
戻ってきた3万円で投信購入 → 5万円に上がった → 売却すると税金で4千円引かれて4万6千円が戻ってくる
 
この例ですと途中で売却しなければ損益なしのところが、途中で損を確定させてしまっているので税金の分損しています。
 
ということで課税口座では、長期で持つつもりのものを途中で確定してしまうのは損ということになります。しかし非課税で運用できるiDeCoでは違います。
 
 

iDeCoでの損失確定は「受け取るとき」

まずiDeCoでは、運用益に関しては非課税となっています。(受け取る時の金額に対して課税というルールなので)
ですから課税のタイミングによる損は発生しません。形の上では損益は一旦確定しますが、それによって(税制上の)不利益を受けることがありません。
 
 
iDeCoの移管では、移管前と実質的に同じ対象に対して投資する別の商品に乗り換えるだけということがよくあるかと思います。(例:DCニッセイ外国株→eMAXIS Slim先進国株)
この場合は一時的に現金化を経るものの、仮に損が出ていたとしても、また似たような価格で買い直すわけですから運用を続けていたのとあまり変わらず、それほど問題でもないということです。
 
それより問題なのは、移管に2ヶ月程度を要するのでその間に価格の急激な変動がないか気が気ではない、という点ですが、これは利益が出ていても同じことが言えますし、移管中に相場が上がるか下がるかは予想がつきません。
 
ただ新プランにしかない投資対象(S&P500とか)に乗り換えるつもりであれば、損は損ですね。新たに買うための資金が減ってしまっていますがこれはもう諦めるしかないでしょう。
とはいえ先進国株を売ってS&P500に乗り換えるのなら、高いときに乗り換えたとしてもS&P500も高値だろうと予想がつきますから、どっちでも同じです。
 
 
そんなわけで移管のタイミングを、含み損益で計るのはナンセンスということです。
とはいえ、昨年までのようにぐんぐん株価が伸びるような状況で移管すると、その間の上昇分を取り損ねるということになったわけです。
現在のようにどっちに転ぶかわからない状況時の方がまだ下がって得をする可能性もある分良いかもしれません。