貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

逆算的な資産運用はとてもつまらないな

資産形成家、いぬデックスです。

積み立て投資による資産形成は、とにかく一銭も漏らさずに再投資を繰り返して雪だるまを大きくしていく作業です。配当などを受け取らないので効率は良いのですが全く実入りはなく、逆算的に手元に残すお金を決めないといけません。

f:id:inudexfund:20181207231746j:plain

そこそこ金額も積み上がってくれば、このペースならこれくらいの金額になるだろう、と少し安心できるかもしれませんが、積み立て投資の最初の数年はすごくつまらないんですよね。

金額も小さいし、上げ下げを繰り返してじわじわと複利的効果を感じられるのは10年くらいかかる(経験者・談)だそうで、それまでは増えてるのかどうかもよくわからないまま、じっと退屈に耐え続けないといけないみたいです。 

毎月10万、20万と入金できる人ならいざ知らず、貧乏人は積立額も月2、3万、こんなので本当に増えるのかよ、って思いながらやるわけです。

いくらあれば安心かわからないが故の焦りも

これは誰に言うでもなく自分に言い聞かせるんですが、こういう時に焦ると良くないです。早く雪だるまの芯を大きくして安心したいという一心で、あらゆる出費を制限して干物のような生活をしてはいませんか?

・・・すみません、僕はすでにしています。困ったぞ。

かといって積み立てを緩めると、後で「全然足りない」と気づいてしまってからでは遅いというわけで、不安からなかなかやめるわけにもいかないチキンレースなのが厄介です。

良いバランスを見つけたい

やはり、若いうちに人生を楽しむことも必要でしょう。ちょっと最近は映画とかも見に行かず出かけることもせず、ただひたすらに節約の毎日で、彩りが失われかけていました(パソコンを新調したりiPadを買ったりしたせいですけど)。

いまさら積立額を減らすというのはなかなか難しいのですが、食費を減らす・趣味の出費を減らす以外の方法でもっと節約できないかを考えて、まずは今月から携帯電話のプランを一段階安いものに切り替えました。

あとは早寝早起きとかで電気代を節約でしょうか・・・笑

これで、来年は旅行とかに行けるといいんですけどね。