貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

期待はずれの三菱UFJブロガーミーティング、しかし収穫はあった

資産形成家のいぬデックスです。

先日の三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングは、SBI証券とのコラボで、同社のiDeCoについての釈明がメインのテーマだったようです。

各所で上がっているレポートによりますと、特に新しい情報もなく、従来からの主張を繰り返しただけのようですね、残念です。

オフレコ情報もあったとあちこちに書いてありますが、このような素人が集まるイベントで本当に漏れたらまずいことなんて喋るわけがないので、本当に大した情報はなかったのでしょう。

f:id:inudexfund:20181214220404p:plain

僕もすこし初心者というには余計な知恵をつけすぎてしまいました。

ひとつだけ収穫があったのは、もうオリジナルプランには手を入れるつもりがないらしい、ということです。プランが二つあるという主張は建前で、実際には新プランに切り替わったと考えるべきでしょう。

僕も諦めて、ただちにプラン変更の資料を取り寄せる手続きを行いました。

必要な商品には良いものが揃っている

SBI証券の考え方には賛同できないものの、僕が使うであろう商品は今後も自動的に良くなっていくであろうものが揃っています。(アクティブファンドのことは知りません)

本来はこのような商品が最初から存在すべきだったと思います。そうすればきっと新プランという強引な手法も使わずに済んだはず。投信業界全体で反省していただきたいところです。

同じ商品が継続的に改善を繰り返しより良くなっていく。保有しているだけでその恩恵を受けることができる。10年前のインデックス投資家が夢に見た状況がようやく到来したということでしょう。

最後に一言

そうそう。一つだけ声を大にして言いたいことがあるんでした。

つみたてNISAはコアでインデックスファンド、iDeCoのオリジナルプランでアクティブファンドという選択もあるのでは

好き勝手なことを提案するのは自由ですし「〜〜なのではないか」と無責任に可能性を提示していますが、それ責任持てるんですか?

僕はこのようなことをしれっと織り交ぜてくる人には反感を覚えます。

売る側のトークに耳を傾けてはいけません。

以上です。