貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

面倒くさがりが考える、理想のバーコード決済

f:id:inudexfund:20181231203545p:plain
資産形成家のいぬデックスです。

QRだけでなく、バーコード決済アプリが続々登場の見込みです。

はっきりいって誰が得するのか? よくわからないもの結構ありますね。利権があるんでしょうか。

電子マネーのように乱立してどうしようもなくなることだけは勘弁してほしいものです。

我々の思い描いた未来は、それぞれの決済アプリや電子マネーに別々にチャージしてどこにいくらあるかわからなくなるようなものではなかったはずです。

QRよりバーコード

QRコードってけっこう認識するのにコツがいると言いますか、ピントを合わせたりカメラに収まるように距離を開けたりとなかなかうまくいかないことがありもどかしいです。

その点バーコードですとスキャンするのは店のスタッフですし、専用のリーダーが一瞬で読み取ってくれるので素早く決済が終わります。

とはいえ、個人間送金などで相手の端末でスキャンすることを考えると、一つの画像で情報量の多いQRのほうが有利なのでしょうね。そこは個人間と店舗での利用でコードを使い分けるなどして対応してほしいところです。

銀行口座またはクレジットカードと直結

僕のようにすでにほとんどをクレジットカードで済ませている層にとって、これ以上に便利もしくはお得にならないと使う意味がありません。

つまりチャージ不要で、必要な分だけどこかから持ってきてくれるのが助かります。電子マネーに自動チャージの仕組みが用意されていますが、ルールが案外めんどくさいことや、自動チャージに対応する窓口が限られている(JRの改札のみとか、特定のコンビニのみとか)ので僕にとっては使いにくいものでした。

ほとんど存在を認知されていませんが、J-Debitというのがあってこれは銀行口座から直接引き出してくれるのでそのへんの電子マネーなんかよりも断然、便利です。(余談ですが店が支払う手数料も激安)

僕が知っている限りでは、楽天PAYはあらかじめ指定しておいたクレジットカードでの支払いに対応しているのが良いと思いました。

他には銀行が主導している決済アプリは銀行との連携が強そうですので便利なのではないでしょうか。(ただしポイントバックは望み薄)

ポイントカード機能との連携が良い

コンビニなどで使ってみればすぐにわかるんですが、ポイントカードアプリを起動してスキャンした後、また別の決済アプリを起動してスキャンというこの流れが完全に無駄です。

ITは便利やストレスフリーをもたらしてくれるはずが、逆に面倒を呼び込む根源となってしまっています。

この点ApplePayで、Ponta会員証と支払いが同時に完了するようになったのはかなり画期的だと思います。ApplePayは非接触決済ですからちょっと話が違ってきますが、コード決済でもなんとかうまく実現してほしいところです。

ま、もしかしたらコード決済アプリの普及によって共通ポイント界の再編が起きる可能性もあり、そうなると店舗独自のポイントではなく共通ポイントを選ぶ人や業者が増えるかもしれませんね。

非接触決済形式との統合

非接触・コード決済どちらでも同じサービスを使えるようにしてほしいところです。

冒頭でも述べましたが別々の財布にそれぞれに残高があるというのは不便です。

たとえばSuicaならSuicaの残高から、バーコード決済もできるようになってくれないと困ります。

(例えば)楽天はすぐにでも、Edyと楽天Payとを統合すべきでしょう。

淘汰が発生する世の中に期待

日本の悪いところは電子マネーにしても、決済サービスにしても、乱立した挙句に統合されずにほとんどが残ってしまうことです。共通化が進む頃にはサービスの寿命が尽きてしまいます。

ポイントバックをばらまくというようなしょうもない施策ではなく、札束で相手をぶん殴ってノックアウトさせるような、買収による天下統一が起きる世の中になってほしいと願っています。