貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

来年は非課税枠を全部使えそう

f:id:inudexfund:20181228223455j:plain

資産形成家のいぬデックスです。

私事ながら、ようやくボーナスが入りました。わずかな額ですがこれでも以前よりは増えたので助かります。

今年はキャッシュ増強がテーマでしたので全額貯金に回すという作戦を採用しましたが、来年は資産形成に回していこうと思っています。

先取り拠出で無駄遣いを撲滅

国内のどの金融機関よりも投資教育に力を入れている、おなじみバンガード・インベストメンツ・ジャパンのwebサイトです。

www.vanguardjapan.co.jp

こちらでは資金の作り方について、ご存知の方ならばごくオーソドックスな方法を4つ紹介しています。

  • 給料天引き
  • 自動振り替え
  • 昇給分を使わない
  • 臨時収入やボーナスの一部を貯める

まさに王道です。ボーナスが入ることをあてにして無駄遣いしてしまうことってよくありますよね。来年はこれを事前に潰していきます。

非課税口座を使いきる

さて、少ないながらもボーナスのほとんどを投資に回していくと、夏と冬に14万円ずつ、あとは毎月1万円ずつ積み立てるとちょうど40万になることに気づきました。

1月と9月に大きな金額を入金することになり、少し拠出額のバランスが悪いような気もしますが、中途半端に残すのもあまり気分が良くないのと、個人的には毎月単位で収支をプラスに持っていきたいと考えているので、大きな収入があった月にはたくさん入金しようと思っています。(いわゆるポジポジ病)

これでiDeCoの年間27.6万円、つみたてNISAの年間40万円、合計67.6万円全てを埋めることができる予定です。

今年に引き続き来年も倹約の日々になりますが、iDeCo同様、一度満額にしてしまうとそれを変更することなく続けていけますので、予定を立てるのが楽になるという利点があります。

長期にわたる活動はなるべく工数を少なくすべきというのが持論です。

SBI証券にはもう一歩頑張って欲しい

あとはもっとSBI証券の自動引き落としサービスが使いやすくなってくれれば、完全に自動にできるんですが。引き落としに関しては楽天証券が一歩リードしていますね。楽天カードでの積立もいい感じです。

ただし積立設定の柔軟性で言えば、SBI証券の勝ちです。どちらにも残念なところがあり、それぞれの欠点が解消されればどちらも無敵になれると思うので、期待しています。