貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

ファンドオブザイヤー2018の感想

f:id:inudexfund:20190114224413p:plain

あちこちで記事が上がっていますように、『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018』の発表イベントがありました。

僕は表舞台に出ない方針ですので、参加せず外野から偉そうなことを言う係です。

べつに皮肉を言うつもりもなく、みなさん楽しんでおられたようなのでそれはそれで正直に羨ましいです。行きませんけど。

ランキングを振り返りながら感想を書いていこうと思います。

ファンド名などはいい加減に省略させていただきます。ファンド名が長すぎるのは本当によくないです。

結果に対する感想

1位:eMAXIS Slim 先進国株式

2位:ニッセイ外国株式

1位2位はどちらも良いファンドですから特別な感想はありません。資産運用のコアとして相応しい外国株式が一位になるのは当然ですね。僕は両方に投票しました。

最近始めた方が多いので、低コスト戦争の口火を切ったという過去を持つニッセイよりも、ほとんどの期間で最低コストの座をキープしたeMAXIS Slimを選んだ人が多かったのだろうなという印象です。

思い入れに左右されず、良いと思うものに投票するというのは正しい行動です。おっさんは情に流されますからね(^_^;)

ニッセイに関しては、常々感じていることですがアピールが足りないと思います。この場がなければどれだけコスト削減の努力をしているかなんて誰にも伝わらなかったでしょう。

コミュニケーションや情報開示という点では、eMAXISの三菱UFJ国際投信に大きく水をあけられています。今までのように商品力だけで勝てる時期は終わりました。

3位:eMAXIS Slim オール・カントリー

3位のオール・カントリーについては、昨年の楽天VTと同じく、期待感による過剰評価ではないかと考えています。

待望されていた商品ではありましたが、後発であること、売れ行きは圧倒的に楽天VTに負けていること、運用開始がFOY投票開始の前日というセコさなど、随所にケチがついています。

来年の順位こそが正当な評価となるでしょう。話題性ではなく実績こそが評価されるべきです。そのためにも多くの純資産を集める必要があるでしょう。

4位:楽天VTI

eMAXIS Slim S&P500を抑えての上位入賞です。コスト面で不利ながら健闘しました。順調に純資産も伸ばしています。

楽天バンガードシリーズで気になっているのは、ブローカレッジコストのことです。バンガードと共同開発のわりに取引手数料がかかっています。今回楽天VTが大きく順位を下げた原因でもあると思います。

運用報告書に書かれた数字に驚いて、支持が揺らいだ面があると思います。

明朗会計ではあるのですが、特定のETFを買うファンドなら普通は市場を通すのではなく、バンガードの協力で直接取引するのではないでしょうか。なぜこのスキームを採用したのか首を捻りたくなります。

機会があれば説明をして欲しいと思っています。

5位:eMAXIS Slim 8資産バランス

バランスファンドでこの位置に来たというのはなかなかすごいことだと思います。バランス派の得票を一手に集めた結果と言えるでしょう。

しかしバランスファンドといってもそれほどバランスに気を配った構成とも思えないので、僕としてはそこまで評価が高くないのですが、コスト面でも対抗できるものがないことから一人勝ちの状態は今後も続くと思います。

6位:セゾン・グローバルバランス

いまでも安定して流入が続いています。ネットでは話題になることがなくなりましたが、独立系投信会社ならではの手厚いサポートで受益者のハートをがっちり掴んでいます。

今のような投資環境があるのも、セゾン投信が長期投資について啓蒙を続けてきたからという面があると思います。

今インデックスファンドでぶいぶい言わせている投信会社は、セゾン投信やバンガードがやってきたことの上にフリーライドしているということを忘れないで欲しいと思います。

これからは自ら、コストをかけて教育していく責務があると言えるでしょう。

総評:商品拡充の時代は終わり、次は継続的サポートの時代

eMAXIS Slimの全面勝利という感じです。豊富な商品でたくさんランクインしたのはすごいですね。ニッセイは外国株式一本釣りなので、良い商品を持っていても面は取れないというといころが、運用会社としての実力の違いを感じさせます。

楽天も健闘しましたが、正直なところこれ以上良い商品は作れそうもないので、この辺りが限界でしょう。

これで基本的に長期投資に必要な商品はほぼ出揃いました。今後はパワー・ゲームとなることが予想されますが、それ以外にも、顧客とのコミュニケーションや広報が重要となってくるのではないかと思っています。

もうすこし具体的に言うと、これらの商品の活用法、細やかな情報提供、企業努力について継続的に発信を続けていくべきです。日本では商品を販売していないバンガードがここまで個人投資家の信頼を得ているのは、まさにその点にあります。

今後日本において、バンガードの地位を目指すならば、投資家教育は不可欠になるでしょう。なぜなら運用会社と投資家との間で、利益相反が発生しないのはこの一点のみだからです。

参加者層の変化も

それともう一つ感じたのは、投信ブロガーというくくりであっても、結局は「期待感」や「話題性」に大きく影響されて評価が行き過ぎるということです。

これは程度が下がってきたということではなく、人数が増えた結果、世間一般に近い結果が出るようになってきたということだと思います。

iDeCoの改革やつみたてNISAをきっかけに世代交代が始まっていることを感じさせます。