貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

超簡単、シンプルな資産取り崩しのための管理方法

f:id:inudexfund:20190127231141j:plain

資産形成家のいぬデックスです。

ファイナンシャル・プランニングのセオリーとしては、現役中は収入から少しずつ積み立てて資産形成を行い、引退後はこれを取り崩していくというのが基本的なパターンかと思います。

そして取り崩しの方法についてはいくつか情報も出てくるようになりましたね。これは先日の記事で参考リンクとして紹介しました。 

www.binboinvest.com

ところで、積み立て中は好き勝手にゴチャゴチャやっていてもそれほど問題は出ないのですが、取り崩す段階が近づくとそうも行かなくなってきますので、管理しやすい状態に持っていくべきだと思います。そうでないと取り崩しの際に困ります。

もちろん能力の高いかた、投資に並々ならぬ興味のあるかたはお好きなようになさると結構ですが、僕自身はどちらかというと一般ピープルでして、おそらく「リバランス」も「計算して配分通り売却」もできないと考えています。

これを前提として、超簡単な方法を提案してみます。

資産全体をポートフォリオとして考えるのはNG

その前に、以下のような管理をされている方を見かけますがこれは管理が大変なので僕は推奨できないと考えます。

資産全体をポートフォリオとして考え、その一要素として「現金」が決まった比率で配置されているというものです。(下図)

f:id:inudexfund:20190127202755p:plain

もうひとつは、「リスク資産」と「安全資産」の比率で全体のリスクを調整しているパターン。(下図)

f:id:inudexfund:20190127204440p:plain

どちらも、現金の部分は「決まった比率」で管理されていることがわかります。比率を計算して保つのはかなり面倒な作業です。

僕には不可能です(笑

このように面倒な作業はなるべく、機械にやらせたいところです。感情にも左右されなくなりますし。

場合によって何を売却するか決めるのはNG

景気が良い(含み益)時には株式(リスク資産)を売却、逆に含み損など景気の悪い時には現金を取り崩してやり過ごす、というような考え方です。

景気の停滞が長期化すればいずれ現金が尽きてしまい、リスク資産を売却せざるを得なくなる可能性はありますが、株価の下落が一時的なものであった場合には損失を少なくすることができるからというのがその理由です。

ここで伝家の宝刀「リーマンショックですら数年で回復したのだから」が抜き放たれますが、僕はこれについては、よほどたくさん現金をお持ちでない限りはうまく行かないのではないかと考えています。感情や相場観に影響される可能性が大きすぎます。

よってこれも推奨できません。ポートフォリオ通り必ず同じ比率で売却できる方法を採用する必要があります。

現金と「リスク資産」の組み合わせがベスト

そこで検討した結果選んだのは、ある程度の現金(半年分とか)を分離して、残りの分だけを「運用資産」として管理するという方法です。

「運用資産」の中身は個別アセットの投資信託の組み合わせでも、バランスファンドでも、あるいは特定の投信一本だけでも構いません。組み合わせる場合は比率で決めてください。ただし現金は含めないこと。(後述します)

ま、使い切れないほどの資産が積み上がっていない限りは、多少債券など混ぜた方がいいようにも思いますが今回はそこには言及しません。

この「運用資産」を定額なり、定率なりで解約して現金に換えるようにすれば、使って良いお金だけが現金になっていますので、使いすぎも抑制できます。

決めた通りに売却する方法

次にポートフォリオ通り売却する方法についてです。バランスファンドと、特定の投信一本の場合は特に考える必要はありません。保有商品が一本しかないので自動的にポートフォリオ通りの解約が可能です。

希望の配分を見つけるのに苦労しますが、バランスファンドは決まった通りに売却することを強制してくれますので、意志の弱い一般ピープル(自分)にはぴったりの方法です。

しかし積み立て中よりももっとリスクを下げるために、ポートフォリオに無リスク資産を組み込みたいというような希望があるかもしれません。その場合は次の方法はどうでしょうか。

投信工房を使う

自前で配分を決めたいという場合には、便利なサービスがあります。松井証券の投信工房です(知らない方はググってください)。2019年1月時点では、まだ他の証券会社には類似のサービスはありません。

本来はロボアドバイザーが提案した配分通りに投信を買い、保有し(自動定期/任意リバランス)、売却してくれるサービスですが、オリジナルの配分を設定することもできます。

先ほどバランスファンドなどのリスクを下げたい場合という話をしましたが、無リスク資産(=現金)の代わりに国内債券クラスの投信を使うことで、ポートフォリオの管理を自動化することが可能です。

厳密に言うまでもなく国内債券にはリスクがあるので完全な代用にはなりませんが、それでもかなり安全性の高い資産ではありますので、ここは妥協しましょう。

特定の投信(高リスク資産)と国内債券(低リスク資産)との比率でリスクを軽減し、売却するときはその比率のまま売却する機能を使うことで、相場観(感情)に左右されることなくルール通りの取り崩しが可能になります。

「余計なもの」について

ところで、別腹で持っている個別株式といったものに関しては、メインであるインデックス投資に対して比較的少額であれば、管理下に置かずに好きな時に好きなように売却したり、配当金を受け取ったりすれば良いと思います。

あまりに金額が多い場合にはあらかじめ売却して、インデックス運用に絞った方が良いかもしれません。

f:id:inudexfund:20190127231503p:plain

おっさんのたわ言

人間、自分で決めたルールすら守れずに事故が起きるわけですから、自動化・強制してくれる仕組みを使った方がより安全であることは、議論の余地はないでしょう。

僕は現在、SBI証券で積み立てているということもあり、実際にリタイアする時点で投信工房に似た機能がSBI証券に実装されていなければ、証券会社を乗り換えることも考えています。

もしくは希望に近いバランスファンドが出ることをお祈りするいうことになりますね。まだ時間はありますので、ゆっくり考えていきます。今から心配しても仕方ないですからね。

以上です。