貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

宇宙人視点で地球に投資

f:id:inudexfund:20190211112605p:plain
資産形成家のいぬデックスです。鼻と目がたいへんなことになってます。

インデックスファンドやETFのおかげで、英語のわからない人でも簡単に海外投資が可能になりました。ありがたいことです。

さて国内で用意されている商品を見ますと、だいたい日本と外国とで分かれています。理由は色々とあるのでしょうが、まあこれはどこの国でもそうみたいですね。

一度世界に広がった視界を、狭めることはできない

ホームカントリーバイアスという言葉があります。なんとなく自国に帰属する資産を多めに組み入れてしまいがちという話です。

理由の一つとしては、やはり国内の方が情報が入手しやすいというのがあると思います。

ところがインデックスファンドは、このバイアスを打ち砕いてしまいました。なにしろ情報がなくても躊躇なく買えてしまいます。

世界経済の中心であるアメリカ合衆国はともかく、その他大勢の一員としては、まさにインデックスファンドのおかげで世界へと視界が広がったわけです。日本も、外国も、簡単に言えば「儲かるかどうか」という同じ基準で投資を考えることができるようになりました。

すると今度は、日本と外国とを分けた商品が大変使いづらく感じてきます。日本を明示的に組み入れなければ、日本の資産を組み入れることはできないので面倒です。

少し視線を動かせば、そこには日本の10倍の市場規模の、外国株式という大海原が広がっているわけです。どちらか一つを選ぶとするなら、考える時間は必要ないでしょう。

(もちろん深く考えたら、税金など他にも考慮すべき要素はありますが)

視界が広がった時点で、投資対象を日本に限定することがあほらしくなってきます。また、日本の資産だけ細かく分けて(REIT、高配当、業種別など)投資するというのも不自然に思えます。これはまさしくホームカントリーバイアスですね。知っているからこそ細かく投資したくなる。

逆に、米国について詳しくなりすぎて、細かく投資したくなってくる人もいるかもしれませんが、これはこれで名前がついても良さそう・・・アメリカ人になりきってしまうのも、考えものだと思います。

極端な話、宇宙人になりきった方がより良いのではないでしょうか。

f:id:inudexfund:20190211112720p:plain

ホームカントリーバイアスからの解放

先ほどの例は一つだけ選ぶとしたら、という話であって、自由に組み合わせるとなると、税金であったりリスクの軽減であったりという観点からは、国内資産と海外資産を均等に近い配分で保有することにはそれなりに意味のあることになってきます。

その組み合わせを工夫することに関しては、銘柄選択と同じく無間地獄に陥る可能性がありますので、ここでは省きます。

個人的な意見としては、なんらかのはっきりした指針に基づいて、25%でも外国資産を組み入れているなら、ホームカントリーバイアスからは解放されたと考えて良いと思います。

海外を、国内と同レベルで比較の俎上に乗せることができるようになればOKでしょう。