貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

副業ブームについて思うこと

f:id:inudexfund:20190511235041j:plain

いぬデックスです。

最近、副業が流行りですね。本業だけにとらわれず各自の特技などを生かした仕事をして社会を回していきましょうというわけですね。政府が推奨していますから当然なのかもしれません。

ネットでも見かけます。会社に依存しない生き方、副業で収入アップ、スキルアップで独立などなど、副業の素晴らしさをアピールするインフルエンサー(?)たちが雨後の筍のごとし。

そうやって活躍している人がいることは事実ですが、我々一般人がそれに乗って誰もが幸せになれるかは一考の余地があると思います。

なんにしてもインフルエンサーのいうことを鵜呑みにするのは良くない。成功者の陰には、その何倍もの失敗者がいるはずです。

収入源としての副業

定時に退勤して自宅や別の場所で副業(労働)、うーん、それって実質的には残業やアルバイトでは?

特に労働集約的な業務を副業としてやろうとしている場合、その傾向が強くなります。

もしかすると単に効率の悪い残業になっている可能性すらありますよね。(社会保険料などの問題はありますが)

本業の残業よりも割りが良いとか、そもそも会社が嫌いとか、ホワイトすぎて残業できない(ワーカホリック?)とか、自分のためになるとかでもない限り、労働するよりも早く寝て健康になった方が得かもしれませんよ。

どうせやるなら、本人が寝ていても自動で稼いでくれる仕組み作りのようなものがいいんじゃないでしょうか。副業=本業以外の収入を得るための手段ということならば、ほったらかし投資というのは悪くない選択になると思います。

というか(自分も含め)凡人にとっては投資こそが唯一できる副業かもしれません。

趣味のマネタイズとしての副業

普段やっている趣味でお小遣いがもらえるという方法は、効率は悪くとも本人の負担は少ないので良いかもしれませんね。

僕もブログに広告を貼ったりしていますけれど、収入としては微々たるものですし、ブログを書くという作業は結構大変です。要領が悪いので1記事あたり2時間くらいかかって、300円入ってくるかな? くらいです。確定申告の労力を考えると、あほらしいです。

でもいいんです、趣味だから。それでお小遣いもらえているんだから満足ですよね。ちなみにサボると経費でマイナスになりますが、趣味だから良いんです。

他にはイラストや漫画を描いて売るだとか、どこかから依頼を受けるというなのもありますね。これも副業としては労力と対価のバランスが悪いですが、創作活動というのはやめようと思ってもやめられるものではないので、どうせならお金になった方が得ですし承認欲求も満たせます。

本業としてはやっていけないと思っているようなことでも、お金になるということで心の支えになるというのはあると思います。これはさっきも書いたように「自分のためになる」というやつですね。

お金にならなくても別段損はしないというところがポイントです。趣味の出費は実質的には出費とは言えないという考え方もありますからね。

早めに諦めるのも肝心

さて、副業が何かと話題になると、自分にもできるのではないかとか、自分も何かやらないといけないのではという気にさせられますが、実際に成果を出せる人はごくわずかであるというのは、副業に限らずどんな事業でも同じことだと思います。

副業にしがみついて消耗する前に、自分のためにならないと感じたらすぐ辞めて趣味や家族と過ごす時間などに回した方が良い結果になることもあると思います。副業は、できる人だけやれば良い。節約ネタや財テクなんかと同じですね。

メディアで目立っている人たちは、極めきっている世界チャンピオンみたいな人たちですから、素人が真似するとやられます。

収入を複線化するのが目的なら、ETFでも買って分配金をありがたく使わせてもらうくらいでも結構気が楽になると思います。

一般ピープルがやっても良い副業とは

まとめますと、他人を圧倒できるような特技を持たない我々凡人がやっても良い副業とは、

  • 本業(残業)よりも効率が良い
  • 実質的には趣味である
  • 人生に良い影響がある
  • 何もしてないのにお金が入ってくる

のどれかを満たしているものということになるかと思います。

僕の場合、趣味のブログとほぼ全自動の投資をやってます。

イラストと漫画は完全に趣味ですからマネタイズはしてません。