貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

住民税の通知が来た

f:id:inudexfund:20190521202711p:plain

いぬデックスです。

住民税の決定通知書が届きました。

住民税は前年の1月から12月までの所得を基準に計算され、翌年6月を起点に課税がスタートします。

昨年少しお給料が上がった代わりに今年は昇給無しなので、その分手取りが減りますね。悲しい。

新入社員の皆様はまだ関係ないですけど、2年目は逆に手取りが減る可能性が高いのでむやみにお金を使わないように気をつけましょう。

年収320万おじさんの今年の住民税

昨年度の給与収入はおよそ320万円でした。そのうち給与所得としては210万円。

ここから社会保険料48万円、小規模企業共済(iDeCoが該当)27.6万円、昨年途中で解約した生命保険料が6万円、あと基礎控除33万円で、合計約115万円の控除があり、総所得としては95万9千円となりました。

株式の配当などは特定口座で申告不要のためここには記載されていません。

さて、気になる税額のほうは9万8900円となっています。会社勤めですので、毎月の給料から天引きとなります。6月分だけ8700円、残りは8200円。

昨年度の住民税の合計は忘れてしまいましたが、先月の給料明細を見ると7800円となっています。単純に計算しても年間4800円の大幅アップです。

住民税は問答無用で10%ですから、僕のような貧乏人にとっては所得税よりも負担が重いです。サブスクリプションを増やしてみたいとか言ってる場合じゃないですね。

来年こそ給料大幅アップとなって欲しいところです。

余談

通知書見て気づいたんですけど、平成31年度の住民税と書いてあって、発行日は令和1年5月15日となっています。

年度の途中で改元となったので、今年は平成31年度なんですね。ということは、来年は令和2年度ということで令和1年度は存在しないということですか。勉強になりました。