貧乏人でも投資がしたい

パーソナルファイナンスとインデックス投資についての話題がメインです。意見は結構コロコロ変わります。

ポートフォリオにREITを組み入れたい

f:id:inudexfund:20190531013511j:image

いぬデックスです。

株式と不動産、どちらのほうが儲かるのかという問題は僕にはわかりませんが、なんとなくどちらもそこそこ、利益が出るのではないかと思います。(根拠なし)

低収入のため今後も借金して物件(自宅含む)を所有するということはないでしょうから、不動産に投資するならREITしか方法がありません。

ポートフォリオにREITはあってもなくても構わないと思っていたので、株式のみのファンドを選んだのですが、最近の値動きなど見ていますとまるで別物のようになっていて、これは短期的な資産価値の増減をなだらかにする分散の効果が高いのではという気がしてきました。

REITについてごく簡単に復習

ここで自分のために、REITについての簡単なおさらいを書いておきます。

REITは投資対象を不動産に限定したアクティブファンドです。

証券化により、不動産の流動性の低さと投資単位の大きさが改善されています。REITに投資するETFや投信となると、さらに小口化され分散も図られているのでごく少額からハズレを引かない投資が可能です。

現物不動産のように簡単に低金利でレバレッジをかけて少資金で高価な物件を手に入れるようなことはできません(それはREIT自身が行います)から、REITへの投資は一般的に想像するような事業としての「不動産投資」とは別物と考えた方が良いでしょう。個人的には直接比較する対象ではないと思います。(逆に言えばマイホームを持っていてもREITに投資して良い)

以上から、REITは大きなリスクを取らずにポートフォリオに不動産という資産の特性を取り入れたいといった、分散投資の一要素としての利用には向いていると考えます。

REITをポートフォリオに組み入れる方法

困ったことに、つみたてNISAではREIT単体での購入ができません。認定対象外の指数だからです。新興国株なんかよりよほど長期投資に適していると思うのですが。バランス型の一部分として含まれるという形ならばOKということになっています。

ということで、方法としては二つです。

課税口座でETFもしくはインデックスファンドを購入

もっとも単純なのが、特定口座や一般口座でREITのインデックスファンドを購入することです。ETFでも良いですね。

REITはつみたてNISAから除外されたために各社あまりやる気がなく、インデックスファンドも価格競争が不活発でETFのほうが明らかに低コストという状態が続いています。

ただしETFですと分配金が出ますから税金がかかります。大家気分を味わいたい人や、キャッシュフローが欲しいという人には良いかもしれませんね。

どちらにしても他の資産とのバランスは自分で調整しないといけません。ある程度分散されていればOKと考えて全くバランスを取らないという方法もありかもしれませんね。

REITを含むバランス型投信を積み立てる

自分の場合目的が短期的な値動きの抑制であることから、インカムは不要なのでバランス型に組み込んでしまうのが一番簡単で、つみたてNISAも利用できる方法になりますね。しかも自動でバランスを取ってくれます。自動化バンザイ。

分散の観点から、株式とREITがそこそこの割合で組み入れられているものといえば6資産均等や8資産均等あたりですね。

難点といえば自分の好きなようには組み合わせられないというところですが、まあこれは仕方ないでしょう・・・

他には運用管理費用がどうしても割高になってしまうことですね。しかし自動化の手数料と考えると妥当なレベルではないでしょうか。今のところREIT単独のファンドよりはバランス型の方が安いですし、ある意味お得です(?)

もうしばらく検討します

J-REITだけでなく海外REITをどうするかなどはまだ整理できていないこともあり、要検討といったところです。しばらくしたらREITがほしい熱も冷めるかもしれませんし、適度に距離を取る時間も欲しいですね。